Services 1. 社員研修
 

人の第一印象は、最初の5秒で決まると言われています。

そして、私たちは、様々な情報を得る手段として、五感(視覚・臭覚・聴覚・味覚・触覚)を使ってい ますが、もっとも大きな影響力は、視覚と言われています。五感全体の80%は視覚からの情報で、様々なことを判断しているんです。

そして人の第一印象は、いったん決まってしまうと、それをくつがえそうとするのに、多くの時間を要することになります。大きな損失ですし、素晴らしい機会を逃してしまうとも限りません。

ならば、初めから好印象をいただいた方が、ビジネスの場において、絶対的に良いですよね。

同じ条件の事業内容の場合でも、担当するビジネスマンによって、頼もしく思えたり、好感を持ってもらえる人とそうでない人に分かれます。そのような事実に、大きくビジュアルのイメージが影響しているのは、お分かりになると思います。


実 際のビジネスマンやビジネスウーマンの場合、スーツが定番ですが、そのスーツの色についても素敵に見えるパーソナルな色が存在します。たとえば、黒が似合 うタイプの人もいれば、紺が似合う方もいますし、もっと言えば、ライトグレーが似合う方もいます。ライトブルーが似合う方もいらっ しゃいます。茶系が似合う方もいらっしゃいます。同じブルー系でもその方の持つ属性(=色彩の属性)によって、もっとも素敵に見せるベストカラーのブルー 系の色があります。

 

より自分らしさを出しながら、好印象を持っていただける、そんな自分をコントロールできるようになるためのイメージコンサルティングをご提供いたします。

Services 2. エグゼクティブ・イメージ・コンサルティング

 

人の第一印象は、最初の5秒で決まると言われています。

そして、私たちは、様々な情報を得る手段として、五感(視覚・臭覚・聴覚・味覚・触覚)を使ってい ますが、もっとも大きな影響力は、視覚と言われています。五感全体の80%は視覚からの情報で、様々なことを判断しているんです。

そして人の第一印象は、いったん決まってしまうと、それをくつがえそうとするのに、多くの時間を要することになります。大きな損失ですし、素晴らしい機会を逃してしまうとも限りません。

ならば、初めから好印象をいただいた方が、ビジネスの場において、絶対的に良いですよね。

同 じ条件の事業内容の場合でも、担当するビジネスマンによって、頼もしく思えたり、好感を持ってもらえる人とそうでない人に分かれます。そのような事実に、 大きくビジュアルのイメージが影響しているのは、お分かりになると思います。その中でも、エグゼクティブ・ビジネスマンは、社外的にも社内的にも、会社を 代表する顔として、頼もしく、洗練されたイメージが大切です。


スーツが定番ですが、そのスーツの色についても素敵に見える パーソナルな色が存在します。たとえば、黒が似合 うタイプの人もいれば、紺が似合う方も言いますし、もっと言えば、ライトグレーが似合う方方もいますし、ライトブルーが似合う方もいらっ しゃいます。茶系が似合う方もいらっしゃいます。同じブルー系でもその方の持つ属性(=色彩の属性)によって、もっとも素敵に見せるベストカラーのブルー 系の色があります。

 

また、魅力的に見え、地味になりすぎずに個性を表現するには、スーツのような限られた服装の中では、それ以外のネクタイやシャツの中で、ベストカラー等をうまく取り入れることが大切です。

 

より自分らしさを出しながら、好印象を持っていただける、そんな自分をコントロールできるようになるためのイメージコンサルティングをご提供いたします。

Services 3.
 営業戦略のための感性マーケティング研修
 
現在、経済産業省主導により、以前の機能性・価格優先のベネフィットから、新たな価値軸としての感性(デザイン、色彩、テクスチャー、五感)の価値創造が、これからの日本の経済の新たな可能性を推進するものとして提言されています。それは、官産学の連携により実現されるものです。
学校と企業の懸け橋として、学びと実践の両面から、この研修内容をおすすめいたします。

脳 生理学や心理学、消費者行動学、色彩・デザインの基本及び応用、色彩心理、ビジュアル・デザイン・イメージ手法(当社独自の手法)、マーケティング手法、 商品企画手法をトータルに習得することにより、マーケティングリサーチ及び分析~問題点の抽出・問題解決法(アイデアの創出)~具体的商品企画立案~営業 戦略への手順の中より、様々な感性価値創造のための営業的アイデアのヒントを見出すことができるでしょう。

vidual image consulting/ 法人様

 

 

Services4. 商品戦略のためのカラー研修

 

パーソナルカラーといえば、人の似合う色という認識が多いようですね。もちろん、人自体に対応する業界の場合は、そのものずばりの内容であるビジュアル・イメージ・コンサルティング手法を習得することがもっとも大切です。


一方で、直接人に関する商材を取り扱っていない業界でも、このパーソナルカラーのドミナント理論や色彩心理、視覚効果などのスキルを利用して、より積極的な商品企画のアイデアを提案できるようになります。